艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

GoTo予算、大手の業者優先 19年度取扱額で配分計算

何度か書いているつもりだが、GOTOを中止や延期、運用を見直し、その相当額を公共交通や、ツーリズム産業共同提案体以外の日本資本の宿泊施設に直接、間接に投下するなら、反対する国民はさほど多くはないと思うぞ。

下記の記事をまつまでもなく、代理店経由のピンハネ、中抜きには国民の猛烈な反発、抵抗があるだろうが。

 

国民にとって本当に必要とされる機能か、なくても別に誰も困りゃしないか。

その機能を短期的に回復できるか、中長期を要しても極めて困難か。

感染を拡大させるか、それとも抑止するか。

 

 

 >政府の観光支援事業「Go To トラベル」の割引予算が大手の旅行業者に重点配分されることが29日、分かった。2019年度の旅行取扱額に基づいて業者ごとの配分枠を計算するためで、配分が少ないと商品の販売に影響する。中小業者は人気の高いパック旅行も扱いにくく「不利だ」といった声が出ており、中小にも配慮する工夫が求められそうだ。

 事業予算は全体で約1兆3500億円。うち事務局への委託費(契約時点で1866億円)を除いた額が割引原資となる。国内の旅行業者は中小規模の業者が大半を占める。このため配分枠が小口になり、業者によっては早期に枠を使い切る可能性がある。<

this.kiji.is

 

当たらずとも遠からずだったということか。黄色はGOTOの運営事務局に選定されたツーリズム産業共同提案体の構成団体

JTBKNT―CTホールディングス日本旅行東武トップツアーズ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tu_ray_0g_0s1/20200712/20200712103218.png

 
tu-ray-0g-0s1.hatenablog.com

 

tabiris.com