艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

はいはい、解散解散

ジョージ・ワシントン大学の研究

米国内の病院にて、アスピリンを服用している武漢ウイルス患者400人以上を調査、

アスピリン武漢ウイルスとは無関係に服用)で、人口呼吸器への移行 44%減少、ICU入室 43%減少、院内死亡率は全体で47%減少。

イスラエルでも同様の研究。こちらでは感染予防効果も。

m.jpost.com

 

対日本人大虐殺の戦犯中の戦犯である岡部某と医系技官を官邸から叩き出さない限り、どれだけパフォーマンスをしたところで何も変わらないと思うんだけどね。これまで通り、妨害に次ぐ妨害をし続けるんだろうから。

 

うちはイベルメクチンもアスピリンバファリンA)も常備してますんで。

カロナールはないけど。

 

(店頭や棚から消えるほどに、前代未聞の風説を流布させたのは誰なんだ?(それも国民自身の自己負担によって)

これに限らず、遠くないうちに、小説やノンフィクション、映像その他手法によって、それら手口は白日の下に晒されるんだろうか。。。)

 

刑法的には間違いなく”真犯人”なのに、刑訴法的に認められない事例、事案の数々と、いわゆるイベルメクチン疑惑(疑獄に移行するのかねぇ)は、かなり似ていると思うんだよね。わざと、あえて、札束でひっぱたいてそのように(効かない効かないプロパガンダへ)仕向けている感。

 

f:id:tu_ray_0g_0s1:20211002085604p:plain


メルクのメルクよるメルクのための合理的な経営

 

www.asahi.com

 

Wiki モルヌピラビルより

安全性論争

2020年4月、米国生物医学先端研究開発局(BARDA)のリック・ブライト(英語版)前局長による内部告発により、類似薬が変異原性(DNA損傷)を持っていることを理由に、モルヌピラビルのさらなる開発に資金を提供することへの懸念が明らかになった[3]。その薬の有効成分を調査していた米国ファーマセット(英語版)社は、薬の開発を断念した。これらの主張をDRIVEのCEOジョージ・ペインターは否定し、モルヌピラビルの毒性試験が実施され、データが米国と英国の規制当局に提供されたことで、2020年春からのヒトを対象とした安全性試験の実施が認められたとしている。また、DRIVE社とリッジバック・バイオセラピューティクス社は、今後、動物を用いた安全性試験を計画していると述べた[4]。