艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

情報戦なんですかね。

早い段階から流れていたような。

www.jiji.com

www.sankei.com

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tu_ray_0g_0s1/20211215/20211215090133.png

 

上記の実現を願いたいが、そういえば以前、下記のような話も。
(ついでに、いわゆる民間軍事会社は地上軍だけじゃないそうで。)

www.bbc.com

 

以下、wikiよりいくつか(記載時点の情報)

2005年現在ウクライナ空軍で運用される主な機体は、An-26やAn-72などの輸送機の他、MiG-29やSu-27などの戦闘機、Su-24やSu-25などの爆撃機偵察機、Mi-26、Mi-8などのヘリコプター、L-39などの練習機などがあり、その他特殊な用途の機体も保有している。Ka-27やMi-14、Be-12などは海軍航空隊のみが装備していたが、Be-12飛行艇はTu-22M2/3とともに空軍に移管されたとされる。また、Mi-24などは陸軍航空部隊の運用である。

 


マレーシア空軍を有名としたのが、アメリカ製とロシア製の戦闘機を並行して導入するという決定である。
これは、一方の陣営に兵站を依存することで、マレーシアの政治姿勢を拘束してしまうことを避けるための決定であった。
これは、規格を共有せず互換性を欠いた機種を保有することにより、整備体制には大きな負担を強いることとなったものの、現在のところ運用状況は良好である。

主力となる戦闘機は、アメリカ製のF/A-18D 戦闘爆撃機(8機)およびロシア製のSu-30MKM 戦闘爆撃機(18機)、そしてMiG-29N 要撃機(14機)である。

旧式のF-5戦闘機は、おおむねこれらに更新されて退役したが、偵察用のRF-5E(2機)のみが運用を継続している。
また、F-5とともに運用されていたA-4攻撃機も、BAe ホーク Mk.208軽攻撃機(13機)によって更新された。
ホーク Mk.208は、練習機ベースの亜音速ジェット機ながら、AIM-120 AMRAAMの運用能力を持ち、限定的な防空任務も可能である。

 


インドネシア空軍は3万100人[2]の兵員と346機の航空機を有している。保有機としては、ロシア製のSu-30、アメリカ製のF-16 ファイティングファルコンなど少数だが先進的な戦闘爆撃機とともに、国内で治安作戦を支援するためのCOIN機も有している。

空軍は1946年に創設され、これはタイ空軍に続いて東南アジアで2番目に古い空軍であることを意味する。当初、空軍は日本軍航空隊が使用していた機体を運用していたが、予備部品などの欠乏により、これは長くは続かなかった。その後、アメリカからの供与機体、続いてソ連機の導入も進められ、MiG-21の運用も行われたが、9月30日事件の後のソ連との関係悪化を反映して、ソ連機は急速に運用不能に陥った。その後、アメリカから供与されたF-5 タイガーII戦闘機やA-4 スカイホーク攻撃機を経て、1980年代後半にはF-16戦闘爆撃機10機を導入した。それに続いて計画されたロシア製のSu-30戦闘爆撃機の導入計画はアジア通貨危機によって一時は中断されたものの、2006年より再度発注が行われ、制空戦闘機としてのSu-27とともに計10機が2011年に導入された[8]。また、アメリカの武器禁輸によってF-16の維持は一時期困難に直面していたが、現在は支援が再開されており、F-16C/Dの追加導入も検討されている。24機の供与も発表された。また、中国製の無人攻撃機である翼竜と彩虹4を導入している[9][10]。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tu_ray_0g_0s1/20211215/20211215090133.png

f:id:tu_ray_0g_0s1:20220308074919p:plain

f:id:tu_ray_0g_0s1:20220308074959p:plain

f:id:tu_ray_0g_0s1:20220308075016p:plain