艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

再掲と追記

重複するがこちらにも貼っておこう

tu-ray-0g-0s1.hatenablog.com

 

日本人にとって、♪マキモノくわえたイガモノ♪、に類する絵柄や図柄は、

幾世代にもわたって、日本人のDNAに深く刻み込まれた共通、共有の潜在的な記憶。なのかもしれない。

引用、転載は控えるが某伝統芸能にも多くの事例があるようで。

 

下記は、いくらでも作れそうな気がするけどね。
パンの耳だけでなく、アイスクリームのコーンとか、春巻きとか餃子の皮とか。
詳しく知らんが、お米やご飯でそれに類するものって、海苔以外にあるんだろうか。


食べられる巻物型外枠、食べられる巻物型容器、食べられる巻物型弁当箱、、、

食べられるおむすび型外枠、食べられるおむすび型容器、食べられるおむすび型弁当箱、、、

食べられる球型外枠、食べられる球型容器、食べられる球型弁当箱、、、

食べられるアダムスキー型外枠、食べられるアダムスキー型容器、食べられるアダムスキー型弁当箱、、、


小麦系が傾いたらお米系が共同で、その後の食習慣に影響を与えうる年代や、家庭内で食に発言力の大きい層に向けて、公共の電波その他に乗り出してもいいかもしれないやね。

 


( 注:アメリカ小麦連合会は)昭和36年10月には、「家庭でできる小麦粉料理」という番組を企画し、製粉業界と共同でスポンサーになっている。これは週一回の15分番組で、TBSをキー局に全国放送された。当時、人気のあった女優の轟夕起子がレギュラーの司会者となり、有名人や料理研究家がスタジオに登場して、さまざまな小麦料理をつくって見せたのである。先にふれたパンフレットの文章でも、ハッチンソン夫人 (注: アメリカ小麦連合会会長夫人)の活躍ぶりが記されていたが、ハッチンソン夫人はこのテレビ番組にも出演して自慢の小麦料理を紹介し、夫の活動に一役買っている。
視聴者の評判も良かったことから、アメリカ小麦連合会が一年でスポンサーを降りた後も、日清製粉株式会社が提供を引き継ぎ、この番組は続けられた。


連続婦女暴行魔の売春接待要員に汚染されて、ゾンビまみれになっていなければ、もしかしたらみることもあったかもしれないが、、、

まぁ俺がみることは絶対にないんで。いくらなんでも限度ってもんがあるわな。