艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

UN WOMEN 日本事務所がしゃしゃり出てくるかな。

表題、ユニセフとは大違いの日本ユニセフみたいなもの、との記事も出ているらしいが、どうなんですかね。

世界的な小麦禍の中、国食たる御飯ものにはがんばって欲しい処なんだけど。


例の園子温がらみで当人に、園子温たるものとか、園子温ははかれないとか、
撮らせりゃいいのに、とは思っていたんだが、
(どうせ、俺がみることは絶対に、これはそう、絶対にないので)

某牛丼屋、常務取締役企画本部長氏の言行録や講義録を、園子温当人が映画化したら、(良くも悪くも)なかなかスゴいのができるかも。

普通に考えれば、(良くも悪くも)この発言だけじゃなさそうだし。

 

巻き添えをくらった人たちはお気の毒ではあるが。。。

(ご飯ものに対するネガティブキャンペーン、ネガティブプロパガンダができるような、そんなご時世ではない、とは思いたいけどね。ちょっと某牛丼屋、狙われてるような気もしないではないが。)

 

あ~ついでに、大嫌いな大ボラふきの連続婦女暴行魔(複数の中の1人)に、牛丼、牛丼、牛丼好きの奴がおったっけな。
そいつはフルネームを見ればすぐに分かるような在日だったけど。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tu_ray_0g_0s1/20211215/20211215090133.png

ネットには、いわゆる田舎出身の方が、 比較対象としてのうまい、はやい、やすい、よりも、さらには都会とやらのお高いものに慣れた/馴れた層よりも、その舌はむしろ肥えているのでは(大意)みたいな書き込みも。

①いわゆる田舎の美味

②うまい、やすい、はやい(←2000年代~らしい)

③都会とやらのお高いもの(中にはうまいものもあるかもしれないが、当然ながらそうでないものも)

確かに遭遇する順番が、①→②→③でも、①→③→②でも、さして変わらないような気もする。

バカフェミ視点、ガラパゴスフェミ視点は、完全排除してますので。悪しからず。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tu_ray_0g_0s1/20211215/20211215090133.png

ハフポスト日本版≒朝日新聞なのはかなり有名な話だが、UN Women 日本事務所の寄付窓口と称する認定NPO法人 国連ウィメン 日本協会てのがありまして、理事長(2020~2021(直近のHP表記))および亭主も共に朝日新聞なのな。


当該理事長のwikiは下記。

有馬 真喜子 (ありま まきこ、1933年11月12日 - ) は女性問題、文化人類学の評論家、ジャーナリスト、国民生活センター会長、財団法人横浜市女性協会顧問、特定非営利活動法人ユニフェム日本国内委員会理事長[1]。本名は酒井 真喜子 (さかい まきこ)。広島県[2]呉市出身。所属団体は日本記者クラブ、日本エッセイストクラブ、京都大学人類学研究会。夫は朝日新聞編集員の酒井寛。

経歴

1957年、津田塾大学英文科卒業と同時に朝日新聞に入社[1][2]。朝日新聞社初の女性記者となった[2]。記者として、横浜支局、本社学芸部などに勤務[2]。1968年にフジテレビと専属契約を結び[1][2]、1985年12月までキャスターを務めた[1]。 1986年から国連婦人の地位委員会日本代表に就き[2]、同職を11年勤め、雇用審議会の委員も務めた[要出典]。1987年に婦人問題企画推進有職者会議の委員を務め「西暦2000年に向けた婦人施策推進について」の意見書をまとめた[要出典]。1988年、横浜市女性協会常務理事[2]、横浜市女性フォーラム館長に就任[2]。1991年に同協会理事長に就任[2]。1993年に世界人権会議日本政府代表となり[2]、ランドマークタワー内にフォーラムよこはまを開設した。1995年に第4回国連世界女性会議日本政府代表顧問[2]。1998年に国民生活センター会長に就任[2]。2001年に国連子ども特別総会総理大臣個人代表、2002年に顧問に退き、2004年に特定非営利活動法人ユニフェム日本国内委員会理事長に就任[2]。

上記以外にも中央社会福祉審議会男女共同参画審議会委員、農山漁村女性生活活動支援協会会長、アジア女性基金副理事長等などを歴任した[要出典]。

 

UN Women日本事務所と国内ウィメン日本協会、ユニフェム国内委員会が、かなりゴチャゴチャしているが、通名みたいなものらしい?