艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

昭和20.4.6~平成30.4.6の国会議事録を「総理案件」で検索したのだが



「総理案件」でヒット(5件)

江田憲司    
196     衆議院     財務金融委員会     9号     平成30年03月23日

大西健介    
196     衆議院     財務金融委員会     8号     平成30年03月20日

近藤洋介
193     衆議院     経済産業委員会     5号     平成29年04月05日

福山哲郎
193     参議院     予算委員会     16号     平成29年03月24日

松本剛明
185     衆議院     外務委員会     5号     平成25年11月13日


「首相案件」でヒット(1件)

阪口直人
187     衆議院     外務委員会     4号     平成26年10月29日


俺の検索の仕方が悪いのかもしれないが、国会議事録(≒国会審議)における最古(初出)は、なんと
なんと平成25年11月13日になっている。

第二次安倍政権の発足は2012年(平成24年)12月26日。

あの悪名高き郵政民営化、コイズミ・ケケナカ時代ですら、「総理案件」(「首相案件」)では1件もヒットしない。

総理案件(首相案件)は違法行為でもなんでもないはずだが、
極左と鮮人・支那人プロパガンダを隠そうともしなくなった「新語流行語大賞」と同様に、つまり要するにそういうことなのかなと。
(繰り返すが、俺の検索の仕方が悪いのかもしれないけれど)

国会議事録(≒国会審議)以外の、雑誌記事データベースや、新聞記事データベースでは、「総理案件」(「首相案件」)の初出はいつ(どこで、誰)
なってんだろうね。

ひょっとしたら、後づけ後出しの「動くゴールポスト」のような「新語流行語大賞」みたいなものなんだろうか。

そのうち、時間があったら”確認”してみよう。