艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

消費税の増税以降ではダメな理由、五輪の終了以降ではダメな理由を、

主権者たる日本国民に明らかにすべきなんだろうが、

本当にまぁ、どこまでも都合のいい人手不足だわな。

どうせすぐにまた都合のいい供給過剰、
都合のいい人余りになるだろうに。

---------------------

本当に直接雇用が原則で、それ以外が例外だとしたら、
外国人の健康保険にまつわる問題なんざ、起こるわけ無さそうなもんだが、

おそらくは
例外が圧倒的比率でそのほとんど全てを占め、
原則と称する直接雇用の方がはるかに少数になるんでしょうな。

(いつもの手口。小さく生んで大きく育てるだっけ?)

派遣の禁止業種を、1985年発足当初の13業種にまで戻さなければ、
なにをどう騙ったところで、日本国民の誰も信用しないっての。

--------------------

消費税増税
以降の経済・雇用状況、
あるいは五輪終了以降の経済・雇用状況における、
労働市場の供給不足
もしくは供給過剰のいずれかに鑑み、
数年スパン~数十年スパンの制度設計をするならまだ分からんでもないが、、、。

誰がどう考えたって、
都合のいい人手不足が理由とは思えないし、その解消が目的とも思えないわな。

--------------------


「中国国際移民報告 2014 年版」によると、
1978 年~2013 年累計で中国が受け入れた海外からの移民(移入民)は、家族移民を中心に 84.9 万人である。
中国から海外への移民(移出民)は同年末時点で累計 934.2 万人であり、



OECDによると、2015年の外国人移住者統計で、日本に移住した外国人の数は前年比約5万5千人増の約39万人となり、前年の5位から韓国を抜いて4位に上昇したという。ちなみに2015年のトップ3は1位がドイツ(約201万6千人)、2位が米国(約105万1千人)、3位が英国(47万9千人)だった。日本はこれに次ぐ世界第4位の移民大国なのだ。


賃金上昇および人手不足との関連で、上記2つの引用を見るに、国内の状況は異常に過ぎると言うほか無いのだが、ケケナカ・パソナと未来投資会議とやらは、どのような都合のいい説明をするのだろう。