艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

管理を強化しすぎると、大学(へのハニトラ、金銭・労働含めた利益供与)側が萎縮し


ただ、管理を強化しすぎると、大学側が萎縮し、日本の先端研究が滞る恐れもあり、




ただ、管理を強化しすぎると、大学(へのハニトラ、金銭・労働含めた利益供与)側が萎縮し、日本の先端研究が滞る恐れもあり、


”萎縮” する可能性があるのは、支那中共や鮮人半島(露スケ)へ流出する研究(あるいは技術)であって、その後に ”日本の先端研究が滞る” が続くのは、日本語として極めておかしいやな。

むしろ(めぐりめぐって)、日本の先端研究を先細り/枯渇させ、、、くらいは記載すべきじゃねーの。それでも弱いくらいか。

軍事研究に禁止声明を出しやがった日本学術会議は、

日本と日本国民を見ることなく、支那中共や鮮人半島(露スケ)
あるいは平成のキンヂョー家しか見ていない、ガラパゴス・フェミだらけの真っ赤っ赤な日本学術会議は、なにかコメントだせよ、という感じ。

(平18.10~平23.6の日本学術会議会長が皇室医務主管、宮内庁侍従職御用掛を務めている。あの未だに出自不明なショーダミチコが、”対価” もなしに動くとは思えんが、なにを”対価”として差し出したのやら)

---------------------

大学側だけの問題ではなく、
平成のキンヂョー家も、
罰当たりな工作員皇族たるショーダミチコ、ヲワダマサコ、加えてキム・ケーこと小室なんたらをとっとと叩き出せよ、と思うわな。

あんな半島由来の犯罪家系に、日本の国家・国民の公的資金を投入なんて以ての外。日本国民に危害を加えるのもいい加減にしろよ、と。
そうでなくても、保持すべき品位のかけらも無いことは、日本国民、誰の目にも明らかになっているのに。
(俺は降嫁ではなく、
皇籍剥奪で当然くらいに思っている)

皇室・皇族としての最低限の責務の1つは、国家・国民に迷惑をかけぬことと考えているが、迷惑
をかけぬどころか、危害を加えて、外患を誘致して、二重外交して、憲法・典範まで破壊して、挙句の果てに(皇室特権・皇族特権を手放すことなく、むしろ焼け太りさせた上に)

それでもあき足らず、主権者たる日本国民と同等の
”人権”、もしくはそれをも超越する”人権”まで寄越せ、だからな。

神道弾圧、皇統簒奪の罰当たりな国賊、大逆賊の考えることは全くもって理解不能
モンスターどころの騒ぎじゃねーやな。

---------------------

ところで、経産省日本経団連は、支那中共や鮮人半島(露スケ)への人、モノ、カネ、とりわけデータ(データセンタ)の流出にどう対処するつもりなんだろうな。

露スケ限定で言えば、砕氷船(建造、メンテのコスト不明)でも難破しそうな北極海ルートなんぞに、借金のかたとしての真珠の首飾りをいくら並べても、なんの意味もなさそうだし、ペイもしないと思うけどねぇ。

---------------------

俺は大統領選の進行中から一貫して
(米民主党側の)私的メアドの利用がなぜそこまで問題視されるのか、(音声通話とメールの比較において)疑問に思ってきたんだが、あおりにあおってきたメディア側に露スケ側の関与は無かったんだろうか。

英国の”デモ”も含めて、今現在の”報道”自体が露スケにコントロールされている可能性は無いの?

だったら日本はどうなんだ?と言われると、返す言葉も無いんだが。

------------------------------


中国を念頭…大学「先端技術」流出防止策を徹底
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190324-OYT1T50065/

 経済産業省は、日本の大学を経由して米国発の先端技術が中国など第三国に流出することを防ぐため、管理体制を強化する方針を固めた。人工知能(AI)やロボット関連、バイオテクノロジーなどが想定される。今夏までに、技術輸出を規制する外国為替及び外国貿易法外為法)に基づく大学の技術管理指針を改定し、中国企業などとの共同研究で流出が起きないように対策の徹底を求める。

 米国は中国を念頭に置いて、AIなど14分野の先端技術を輸出規制の対象にする方針を示しており、それに合わせた対応を講じる。

 日本の大学が外国の企業や政府機関と行う共同研究は近年、増加している。全国の1061大学・機関を対象にした文部科学省の調査によると、外国企業などとの共同研究の件数は、2017年度で351件。13年度(265件)から86件増えた。研究費として受け入れた資金額も、13年度の11・6億円から17年度は17・3億円に膨らんでいた。

 日本の大学は海外企業との連携を深めようとしており、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など中国企業との共同研究も増えているとみられる。

 こうした状況の中、経産省が懸念しているのは、米国の大学や企業、政府機関と共同研究している日本の大学が中国企業とも共同研究しているケースだ。

 日本の大学が、米国側から提供された先端技術を、意図的ではなくても、第三国の企業に提供すると米政府から制裁を受ける恐れがある。留学生への技術提供も同様だ。米国は、海外の大学や企業であっても、米国発の先端技術を第三国に拡散させた場合に制裁を科す規制を持っている。

 このため、経産省は改定する指針で、複数の国と共同研究を行う場合や留学生を受け入れる場合に想定される先端技術の流出例を具体的に示す。そのうえで、効果的な管理体制や、技術提供の線引きを審査する方法などを例示し、対応を促す方針だ。

 現在の指針は、外為法が規制するレーダーやセンサー、半導体といった軍事転用が可能な技術の管理を主な目的としている。米国の規制強化に対応するため、大学が管理すべき技術の範囲が広がりそうだ。

 ただ、管理を強化しすぎると、大学側が萎縮し、日本の先端研究が滞る恐れもあり、バランスの取れた対応を求める声もある。

 

 ◆外国為替及び外国貿易法外為法)=軍事転用できる技術を国の許可なく外国企業などに提供することを禁じている。違反した場合、個人は最大3000万円、法人は最大10億円の罰金が科される。



--------------------------------------------


米技術、大学から流出防ぐ 経産省 先端分野、中国念頭に
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42845530U9A320C1NN1000/

    2019/3/25付    日本経済新聞 朝刊

経済産業省は大学が他国と共同研究する際、先端技術が第三国に流出しないよう管理指針を見直す方針だ。米国発の技術が大学経由で中国などに渡る事態を想定したものとみられる。複数国と共同で研究したり、留学生を受け入れたりする場合の具体的な管理体制を示して大学に対応を促す。大学の管理が必要な範囲が広がり、先端的な研究に制約が生じるとの懸念が出る可能性もある。

米国は中国を念頭に、14分野の先端技術を輸出規制…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。