艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

なんてわかりやすいタイミング

www.huffingtonpost.jp

 

f:id:tu_ray_0g_0s1:20210407123737p:plain

 

Wiki、部落問題より


また、日本統治時代の朝鮮半島から内地に渡った朝鮮人被差別部落に住み着いた例も多く、日本の総人口に在日韓国・朝鮮人在日コリアン)が占める割合は1パーセントに満たないところ、大阪市のある同和地区では住民の13.8パーセントを在日コリアンが占めている。京都市の崇仁地区では1920年代(大正9-昭和4年)以降の人口増加は大半が朝鮮人の増加によるものであり、崇仁学区内の貧困者の比率が京都市内で最も高かった。

 

Wiki上原善広より

雑誌『実話ナックルズ』にて『JDT 日本の路地を歩く』という連載を執筆しており、2004年7月号に発表した「群馬県T部落」で群馬県の未指定地区を取り上げ、「ここから女性が一人、皇族に嫁いでいる」「ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわかってしまうからである。」「皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味している。」と書いた。上記の記事「群馬県T部落」では「ある研究者の方に紹介していただいて知った」と記述している。上原が指摘した皇族に嫁いだ女性とは上皇后美智子(日清製粉創業者正田貞一郎の孫)である。

 

wiki、日本の路地を旅するより

日本の路地を旅する』(にほんのろじをたびする)は、ノンフィクション作家上原善広の著書[1]。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作[1]。

作家の中上健次被差別部落を「路地」と呼んだ。大阪府松原市南新町(更池)という被差別部落出身の上原が13年間にわたって日本全国の500以上の路地(被差別部落)を訪ね歩いたノンフィクションである。2010年、第41回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞する[1][2]。

大宅ノンフィクション賞に上原氏と川口氏: 日本経済新聞

 

f:id:tu_ray_0g_0s1:20210407123737p:plain

 

エタの頭→江頭説あり(それを頭において奴とその血統の言動を眺めれば)

この流れで貼付されるのは、作り手側の意図からはかけ離れているのだろうけど。

 

監督インタビュー ジョニー・デップ製作/主演映画「MINAMATA」は風化しない〈サンデー毎日〉 | 週刊エコノミスト Online

 

個人的には、第二水俣病新潟水俣病も国内外問わず映画化して欲しいところ。

キムケーこと小室某、あるいはアレラ母子の半生を映像化したらどうだろう。

例えば何たらケヨ物語、、、

かつての博物館、美術館は、それこそ華族、旧華族との結びつきが強かったらしいがヘイセイ以降、草加や鮮人・支那人による侵略と占領が相当程度に進んでいたらしいので、イヤ~な感じがしてはいたんだよね。

例:戌HK日曜美術館通名永野 鉄男

支那中共のバブルがどうなるのかわからんが、できることなら日本人の手に取り戻して欲しいやね。

 

Wiki皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀より

 

人権団体による抗議

部落解放同盟は3月20日宮内庁が小和田雅子に関し徹底した身元調査を行ったとされる件が内定以来大きく報道されたことを問題視し[118]、結婚差別を助長するとして、三権の長宮内庁長官に対し抗議文を送付した[119]。


118 ”解放同盟主催の「結婚の儀」考える集いに700人-大阪”. 毎日新聞大阪朝刊: p. 26. (1993年6月10日)

119“部落解放同盟宮内庁に抗議文”. 産経新聞東京朝刊. (1993年3月20日)

 

f:id:tu_ray_0g_0s1:20210407123737p:plain

 

Wiki部落解放同盟より

暴力団との関係

被差別部落から多数のヤクザが誕生してきた歴史的経緯から、同和団体もまた暴力団と深い関係があり、部落解放同盟もその例外ではない[44]。たとえば部落解放同盟大阪府連合会では、西成支部長が元酒梅組準構成員、荒本支部支部長が山口組暴力団組員、飛鳥支部長が山口組系金田組幹部、寝屋川支部長が伊藤組組頭、執行委員が元土井組系津田組組員といった具合である。部落解放同盟傘下の土建会社の団体である同和建設協会(同建協)の加盟業者も暴力団と関係が深く、同建協初代専務理事(部落解放同盟羽曳野支部員)は小三組最高幹部、同建協会長(部落解放同盟浪速支部支部長)は小三組組長の三男、大新土木建設社長は酒梅組組長、東大阪清水建設社長は山口組系川崎組幹部、南方建設社長は山口組系一(はじめ)会内都会会長代行、麻建設社長は砂子川系麻組組長である[44]。1971年3月には、部落解放同盟員が大阪府八尾市役所でピストルを発射して助役を脅迫した事件もあった[45]。

部落解放同盟支部役員のポストをめぐる争いに暴力団が介入したこともある[44]。1974年11月から12月にかけて、部落解放同盟大阪府連合会浪速支部で、同支部書記長とその弟の部落解放浪速生協専務理事長らを中心とするH派が、浪速地区の同和地区施設からあがる利権に目をつけ、同和促進協議会(同促協)浪速地区会長Nを病気と偽り、勝手に作った辞任届を大阪市同促協に提出した[44]。これに怒ったN派がH派の私腹を肥やす乱脈ぶりを暴露し、山口組暴力団白神組を使って実力行使に出た[44]。

この抗争事件は国際的なスキャンダルとなり、『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』紙(1975年1月20日付)に「日本の部落解放同盟は暴力が利権をもたらすと考えているようだ」という見出しのもと、「浪速区内での2つの建設業者の利権争いから、解放会館が町のギャングに襲撃されるところまで事態はきた。これらの襲撃を防ぐために、部落解放同盟事務所のまわりにたくさんの防衛員を配置している」と報じられた[44]。

1985年5月には、覚醒剤取締法違反、賭博、銃砲等不法所持、火薬類不法所持などの前科を持つ部落解放同盟宮崎県連合会延岡支部長(暴力団石井組系山崎組系岸本組組長)が愛人をピストルで射殺し、殺人と死体遺棄で指名手配を受け、1987年に逮捕される事件も起きている[46]。


政界との関係

初代委員長の松本治一郎や長らく書記長を務めた田中織之進が社会党の国会議員であり、社会党との友好関係が最も深く、松本英一や、上田卓三谷畑孝などの組織内議員を擁していた。

55年体制崩壊後の政界再編の中で、軸足を新たに結成された民主党に移し、2004年に部落解放同盟中央書記長であった松岡徹が民主党公認で参院選比例代表区に立候補し、当選。民主党『次の内閣』ネクスト法務副大臣(2007年9月就任)となっており[38][リンク切れ]、また部落解放同盟副委員長の松本龍なども民主党に所属していた。他にも、参院比例区選挙では相原久美子、石井一、神本美恵子、金政玉、今野東、藤谷光信、草川昭三大島九州男又市征治、山城博治、江崎孝那谷屋正義石橋通宏難波奨二、森屋隆、吉田忠智福島瑞穂を支援してきた[39][40][41]。

立憲民主党の主な支持団体の一つであり、同党に組織内候補を輩出している。ただし、地域によっては自民党[42]・公明党・国民民主党社民党新社会党などを支持する場合もあり、全国大会では、立憲民主党の他、自民党公明党社民党などの政党からも来賓の出席や祝電の披露がされている。

1997年の解放同盟第54回大会では山崎拓自民党政調会長=当時)が来賓として出席し、「『部落解放基本法』案の基本的な考え方は、私ども自由民主党といたしましても、全く同意見」と持ち上げた[43]。これ以降、自民党は解放同盟を泳がせる政策から自民党政治の枠組みに抱え込む政策に転じたと、全解連側から指摘されている[43]。