艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

全自動PCRと、全自動ベッド。とか書いてみる。

全自動PCRと、全自動ベッド(医師、看護師機能付き :重症/人工呼吸患者向け )。


PCRや全自動PCR(国産)を妨害し続けてきた連中は、それと同じ根拠でワクチン接種にも反対するんかね。
全自動ベッド( 医師、看護師機能付き :重症/人工呼吸患者向け )にはどうなんだろう。

なんたら事態宣言を発出した4月との比較において、医師、看護師を大量増員したという話は寡聞にして知らぬ。
ついでに、全自動でないベッドを増やしたかどうかも知らんけど。

表題の件、全自動ベッドのかわりに、全自動FAXでも全自動保健所でも可。

 

ハーシスとやらで、FAXの画像情報並行して取り込めばいいだけと思っていたけどねぇ。

感染爆発している自治体は、帰省したくてもできない地元出身の学生さんを、ニューヨークで謂う処のトレーサーとやらに採用すればいいんでないの。 奨学金や生活支援金を対価として。 別に地元にいなくても、大方のモノは遠隔で構わんのでしょ。電話やFAX(機能)に、遠隔学習できる環境でもあれば。


本来は地方自治体ではなく、国、政府が最終責任を持つのが当然の責務と俺は思うけどね。これが某仮想敵国による生物化学兵器による侵略だったとしても、地方自治体に対処させるんだろうか。

自宅療養や自宅待機にしても、自治体主導での軽症者収容施設が(一時的もしくは中長期的に)不足するなら、国こそが、政府こそが、その最終責任を果たすべきではないのか。おそらくは国の施設も、五輪用の施設も有り余ってんだろうに。

それができない、もしくは一定程度遅れるなら、それならそれで、巣籠もり向けならぬ自宅療養、自宅待機向けの7つ道具でも無償でレンタル、リース、それら在庫や備蓄を積み上げておくべきだわな。
具体的に何がどれくらい、どの程度の頻度で必要なのか、俺は知らんが。

でかい穴でも掘って、その中に医系技官を放り込む、放り込んで埋めてやるくらいしないと何も前に進まない気もするけどな。それをやれば、よっぽどこの国のためにはなるんだろう。
政界失楽園とか、官界失楽園も一緒に放り込んでやれやと思う。増設しただけのベッドと共に。