艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

裁可の反故、取消を前提とする昭和22年皇室典範の条項

皇族以外の女子が親王妃又は王妃となるにあたり、昭和22年以降も裁可を要とする運用が為されていれば、だが。

(裁可の取消は、しっかり前例、先例もあるので何の問題も無いはずだわな。必死になってプロパガンダ、洗脳工作に励んでいるけれど。)

僭称ショーダミチコとその婿、僭称ヲワダマサコとその婿が、ピーピーギャーギャー騒ぐなら、とっとと裁可を反故に、裁可を取り消せばよい
それだけの話。それ以上でもそれ以下でもない。
ソレをせずに何を被害者ぶってんだか。共犯者もしくは加害者そのものじゃないか。

その共犯者視点、加害者視点の”記事”が流布されているが、解決策にはならなくても対抗策なら、元婚約者氏が提示しているはず。
どこでどう間違ったら、共犯者もしくは加害者に屈服せねばならんのか。

 

再度ツリッターからの引用。リンク画像はグロ注意。
週刊女性自身、2017年6月6日号掲載

mobile.twitter.com

 

f:id:tu_ray_0g_0s1:20210407123737p:plain

前置きが長くなった。以下、表題の件。


第十四條  
皇族以外の女子で(*裁可を得て)親王妃又は王妃となつた者が、その夫を失つたときは、その意思により、皇族の身分を離れることができる。

前項の者が、その夫を失つたときは、同項による場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。

第一項の者は、離婚したときは、皇族の身分を離れる。

*は俺の加筆。

皇族以外の女子で(*裁可を得て)親王妃となつたショーダミチコとヲワダマサコ、親王妃を経て、皇后位、上皇后位(なんだそりゃ)を僭称したショーダミチコと、ヲワダマサコに対しても、上記の離婚規定は当てはまると考えていいんでしょうな。

巷には、わけの分からん屁理屈が流れているらしいが。

仮に、ショーダミチコが皇室に潜り込んで以降にソレが流布されたとしたら、神道弾圧、皇統簒奪の国賊、大逆賊、罰当たりなショーダミチコにとっては都合のいい、極めていかがわしい”解釈”ということになるんだろう。

なんたって、三権の上に超越し、絶対的に”君臨”しているつもりらしいから。
憲法、典範を平気でねじ曲げる ショーダミチコ は、いったい何を根拠にしてんのやら。

 

追記

・輸入小麦、輸入粉屋は、昭和20年代、30年代、その当時の港湾荷役と密接不可分。一説では正田家の自宅にまで入り込んでいたとか何とか(裏はとっていない)。

・ジョニーデップのユージンスミス映画はどうなったんだろう。

・みうけ、おみうけと聞こえてくるのだが、耳だけで判断すると身請け、お身請けと思えるのは俺だけか。近しい言葉に落籍というのもあるそうで。

いやたぶん、みうけ、おみうけ→見受け、お見受けなんだろうけど。