艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

エチオピアとWHOは、支那中共と一帯一路の植民地なのな

中国の医療衛生体制改革の規模の大きさ、スピードの速さ、質の高さは賞賛に値するもので、世界の多くの国にとって積極的に参考にする意義がある

 

やたら似たようなことを公共の電波でパンデミックさせまくってる変な工作員みたいな奴はいったいなんなんだ?

 

 

世界保健機関(WHO)次期事務局長にDr. テドロス・アダノム・ゲブレイェスス 元エチオピア保健相・外務相を指名

(2017年)5月23日のWHO総会において、アフリカからは初となる、エチオピアの保健相と外務相を歴任された、Dr.テドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏が次期事務局長に選出されました。同氏は、グローバルファンド(Global Fund to fight AIDS, Tuberculosis, and Malaria)やRBM(Roll Back Malaria Partnership)の理事会chairも務めた経験 (以下略)

https://www.malarianomore.jp/archives/10439

 

新たに当選したWHO総幹事、「一つの中国」の原則を引き続き堅持すると重ねて表明

 

発表時間 2017-05-25 14:11:27 | 新華網 | 編集: 郭丹))  

   新華網ジュネーヴ5月25日 新たに当選した世界保健機関(WHO)のテドロス総幹事は24日、「一つの中国」の原則を引き続き堅持し、国連総会と世界保健総会の決議に基づいて台湾地域関連の問題を適切に処理すると重ねて表明した。

   テドロス総幹事は 世界保健機関(WHO)の第70回総会に出席した中国国家衛生と計画出産委員会の李斌主任と会見した際、これは当選後初の二国間会見であり、引き続きWHOを率いて中国側との協力を一層深めていくとの意向を示した。李斌主任は、中国側はWHOとさまざまな協力を引き続き展開していきたいと表明した。(新華社より)

http://jp.xinhuanet.com/2017-05/25/c_136314202.htm

 

 

WHO総会 今年も招請されない可能性高く 外交部が強い遺憾表明/台湾

 2019/04/03 16:01 

台北 3日 中央社ジュネーブで来月開かれる世界保健機関(WHO)の年次総会について、外交部(外務省)国際組織司(局に相当)の陳龍錦司長は3日、台湾が招請される可能性は高くないとの見方を示し、中国に従う態度を見せるWHOに対し、外交部として強い遺憾と不満を表明したと明らかにした。

台湾は2009年から8年連続でオブザーバーとしてWHO総会に出席してきたが、2017年と2018年は中国からの圧力により招請されていないWHOの広報担当は先月下旬、台湾メディアの取材に、「両岸(台湾と中国)の合意が無い限り、台湾は招請状が届くのを期待しないでいい」と回答した。

陳司長は、中国の命令に従うWHO事務局の態度に外交部は簡単には同意できないとし、外交部は即座に駐ジュネーブ弁事処を通じてWHOに強い遺憾と不満を伝えたと説明。WHOからは、台湾の立場を理解するとの返答があったという。

消息筋によれば、台湾は今年の総会出席を目指し、国際社会への働き掛けを密にしてきた。外交関係を結ぶ国々に対し、台湾の総会出席を後押しする提案をWHOに行うよう要請するほか、3月中旬には公衆衛生関連の主要2団体がWHOのテドロス事務局長に書簡を送付し、台湾を招請するよう求めたという。3月下旬には、国交樹立国の在ジュネーブ代表部でつくるグループ「台湾の友」の共同代表2人が書簡で、台湾の招請をWHO事務局に呼び掛けた。

消息筋は、WHOは態度を変えていない一方、総会が受容性を有し、各方面からの参加を広く受け入れるべきだと考えていると指摘。理念が近い国々は引き続き台湾のためにWHOに働き掛けているとし、「一つの加盟国以外、自国の考慮に基づいて台湾の総会参加に反対する国は一つもない」と語った。(顧セン/編集:名切千絵)

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201904030007.aspx

 

李克強総理 WHOのテドロス事務局長と会談 

人民網日本語版 2017年08月19日14:01
 

国務院の李克強総理は18日に中南海の紫光閣で、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダム新事務局長と会談した。

テドロス事務局長は、「中国の医療衛生体制改革の規模の大きさ、スピードの速さ、質の高さは賞賛に値するもので、世界の多くの国にとって積極的に参考にする意義があるものだ。WHOは中国政府が世界の健康衛生事業の発展促進やエボラ出血熱、A/N1H1亜型インフルエンザといった公衆衛生に関わる突発事態への対処で行ってきた重要な寄与を賞賛し、ともに努力して双方の戦略的協力をより高い水準に押し上げ、世界の健康衛生事業のさらなる発展を実現させたいと願っている」と述べた。(編集KS)「人民網日本語版」2017年8月19日

http://j.people.com.cn/n3/2017/0819/c94474-9257636.html

 

 

 

 中華人民共和国との関係 (Wikiより)

詳細は「中華人民共和国エチオピアの関係(英語版)」を参照

 

1970年に当時のエチオピア帝国中華人民共和国は国交を樹立し、1971年に訪中した皇帝ハイレ・セラシエ1世林彪事件後の毛沢東と初めて会談した外国指導者だった[16][17]。エチオピア帝国エリトリア解放戦線への援助を取り下げた中国から巨額の融資を受けるも1974年の軍事クーデターで皇帝を打倒したメンギスツは中ソ対立を起こしていたソ連に接近して隣国ソマリアのバーレ政権への中国の支援を批判したが、国交は続けて一定の経済協力は維持した[18]。メンギスツを打倒した1991年のメレス・ゼナウィ政権からは本格的に関係回復し[19]、アフリカ連合AU)本部は中国の費用全額負担で寄贈され、エチオピア初の環状道路と高速道路[20]などエチオピアの道路の7割を中国は建設したとされ[18]、さらに初の風力・水力発電所[21]や初の工業団地[22]、初の人工衛星の打ち上げ[23]、アディスアベバ・ライトレール、グランド・ルネサンス・ダム(英語版)[24]、アディスアベバ・ナショナル・スタジアム(英語版)、ジブチエチオピア鉄道とボレ国際空港の近代化、伝音科技の携帯電話工場[25]、全土の通信網の整備[26]など中国からの様々な援助を受け入れ[27]、このことからエチオピアは「アフリカの中国」[28]と呼ばれることもある。また、エチオピアの大統領を務めたムラトゥ・テショメは中国に留学した経歴を持っていた[29]。

 

エチオピアは、中国側からインフラ投資を通じて一帯一路のモデル国家として称賛を受けている国であるが、2018年時点の国の債務額は国内総生産の59%にも及んでおり、その大半は中国からの融資とみられている。政府は、より多くの中国企業の国内進出と対中国の債務の軽減を模索している[30]。

エチオピアと中華人民共和国との関係 (Wiki)