艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

国賊、大逆賊の外患「キンヂョー家」栄えて国滅ぶ


年度末の予算消化のために、かの有名な支那系ホテル:グランフェニックスへ巨額血税を”献金”(ピンはね、ポッないない)


長野県のニュース    3月26日    記事詳細
皇太子ご一家が県内入り
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180326/KT180326FSI090004000.php


皇統簒奪宮家(極めて悪質なプロパガンダ用語としての
いわゆる”女性宮家”)は、秋篠宮家の毒姉ども2人も含め、絶対につくるべきではない。

それにしても国賊、大逆賊たる平成の外患キンヂョー家は、
憲法違反の政治的権能の行使が目に余るどころの騒ぎじゃねーやな。

国家国民のみならず、皇祖皇宗や皇統を呪詛しているとしか思ぬような唾棄すべき言動の数々。

成り上がり成りすましなショーダミチコのDNA隠滅以外、何の役にも立たぬ火葬場建設に巨額血税を投下するくらいなら、21世紀最先端技術の粋を集めて専用のギロチン(使い捨て)でもつくりゃいいのに。

その方がよっぽど国家国民のために、皇室の弥栄に、世界平和、国際平和に(本当の意味で)資することになるだろうさ。

下記の長野の常宿を見れば、ヲワダナルヒトは重大な事故だらけで摂政が(摂政ですら)つとまるはずもないわけで。


関係あるのかどうか知らんが、まぁ有名な話ではある。
外務省の層化閥:大鳳
ヲワダヒサシの出身地:新潟県新発田市

沿革
1952(昭和27年)    田島一男、(株)商会設立。
1967(昭和42年)    社名を(株)商会から(株)フェニックスに変更。問屋業からメーカーに業種変換。
1971(昭和46年)    新潟県新発田市に、(株)フェニックス・ソーイング設立。
1972(昭和47年)    田島和彦、代表取締役社長に就任。フェニックス商品研究室設置。
1975(昭和50年)    札幌営業所開設。
1977(昭和52年)    大阪営業所開設。
1983(昭和58年)    新潟県新発田市にテクニカルリサーチ設立。売上高100億円突破。

1994(平成6年)    ホテルグランフェニックス奥志賀オープン。中国上海に合弁会社上海鳳達服装有限公司」を設立。
1995(平成7年)    中国上海に2社目の合弁会社上海菲尼克斯制衣有限公司」を設立。
2004(平成16年)    資本金4.95億円に増資。12月1日、オリックス全額出資子会社を受皿とし会社分割により新生フェニックスがスタート。オリックス株式会社投資銀行本部より木村司が社長に、佐藤欣一は取締役に就任。

2004年8月30日、さらなる発展を期して財務基盤の整理と強化を行うため、オリックスをスポンサーとして産業再生機構の支援を得ることを発表し、新生フェニックスがスタートしました。再生計画も順調に推移し、2005年12月27日、産業再生機構による支援が終了しました。

2006(平成18年)    2月21日、新生フェニックスの企業価値や、進むべき方向を凝縮した企業ステイトメント「THE PHENIX STATEMENT」を制定。これにあわせて、コーポレート・ロゴを一新、新生フェニックスとして本格スタートを切る。

2008(平成20年)   
4月25日、香港証券市場に上場する中国動向(集団)有限公司株式譲渡契約締結
出資比率中国動向91%オリックス9%
となる。
5月1日、中国動向グループ陳義紅会長に,孫建軍社長に就任。9月、「Kappa」ブランド初の直営店を東京都渋谷区にオープン。

当社の商品開発力と中国での生産プラットフォームを融合させ、グローバルなビジネス展開を強化するため、2008年4月25日、中国動向(集団)有限公司の傘下に入りました。「ものづくりカンパニー」の基盤を更に確固たるものにし、グローバル戦略推進に新たな一歩を踏み出しました。

2009(平成21年)    5月7日本社を新宿に移転。企画開発センターを設立。10月1日、「inhabitant」ブランドの旗艦店として、原宿キャットストリートにinhabitant Store Tokyoオープン。12月5日、Phenix Store Sapporoを札幌市にオープン。

2010(平成22年)    8月8日、「Kappa」ブランド関西地区初の直営店を大阪市内にオープン。

2011(平成23年)    中国動向グループにより中国北京に「北京中翼鳳凰体育用品有限公司」設立、「Phenix」ブランド中国マーケットデビュー。

2013(平成25年)    「inhabitant」ブランド関西地区初の直営店として、グランフロント大阪にinhabitant Store Osakaオープン。

http://www.phenix.co.jp/about/story/


沖縄で追記
2013年のインド徘徊時も今回と同様、
「これが最後」とか大々的に喧伝させてたんだぜ。
あれからいったい何回、
(国内外問わずの)わがまま放題な徘徊を繰り返したと思ってんだ?

神道弾圧のみならず、皇統簒奪もしくは皇統廃絶までもくろむ、国賊、大逆賊たる平成の外患キンヂョー家が、国民からの搾取と豪遊をやめるわけないじゃねーか。

あの国賊、大逆賊は、国民なんて騙してナンボとしか思ってないんだから。