艤装してます

しばらくかかりそ。サグラダファミリアより遅くなるかも。

国内の反ワクチン感情を助長しかねない

なんだ、そりゃ。


人権、人道(直接的には健康、生命、あるいは選手寿命)よりも上位に、国内の毒ワクチン感情(もしくは国内の反毒ワクチン感情)を君臨させるとは。

すんばらしい普遍の真理ですわな。


日本人の視点では、ウェブの系譜にも重なってくる極めて深刻かつ根深いもの、ワク濠主義にも見えそうなもんだけどねえ。出張ってきてるのが移民大臣だそうで。

ワク濠主義、ひいては人権、人道に関わるものが、ルールの問題、決められたルールの問題などと、同じレベル、同じ次元の問題だとは思えんけどね。

例えに出すことすらもはばかられるくらい、ではないのか。

そのルールとやら、いったい誰が決めたんだよ。何に基づいて、何を基準として決めたんだよ。

(国境も国家国民をも超越するメガファーマ複合利権体とか、科学的思考もねじ曲げる極めて狂信的なマネー真理教とか。)


あ~、関係ないですけど。
喪服は日本でも西欧でも、時代ごとに(地域ごとに)黒と白を行ったり来たりしてる印象。今は黒が多いんだろうか。
他の色ならともかく、単なる明度の違いとしか捉えてないので、固定した特定のイメージ、感情は持ちあわせてないです。

以前、尖閣近海、春暁ガス田(支那中共による名称)が、日本名:僭称ショーダミチコのお印である白樺と命名されたときは、侵略にも直結するものとして、誰の差し金だ、どこの誰の指揮命令系統だ、とギャンギャン大騒ぎしてブッ叩いてましたが。

テニスとピアノも僭称ショーダミチコがらみで同じく。
結果、俺は白が嫌い、テニスもピアノも嫌いと結びつけられたらしい。知らんけど。

もう一つ、尖閣近海の支那中共名: 断橋ガス田(日本名:楠)も元皇族のお印なんだよね。

そりゃ、危害しか加えられたことのない人たちは怒るだろうさ。